お得感

ホワイトニングで得られる事って何?歯を白くするだけで〇〇〇!!

 

今回は「ホワイトニングの意味」についてブログを書いていきます

しょーや
しょーや
なぜ最近「歯」を綺麗にする人が増えているのでしょうか?

この記事を読んで欲しい人

  1. ホワイトニングに興味がある人
  2. これからホワイトニングをする人

→ホワイトニングには実は皆さんが知らない真実があります


ホワイトニングとは?

歯科におけるホワイトニングとは審美歯科の一分野であり、広義の意味では歯を白くすること全般を指す。例えば歯のクリーニング (PMTC) から始まり、ブリーチング、マニキュア、ダイレクトボンディング、ラミネートベニヤ、セラミッククラウンまで、すべてをホワイトニングと称することができる。引用・Wikipedia

歯の着色有機質の二重結合部分を切断して低分子化することにより起こる「無色化」により、歯の明度を上げることにより白くする方法がホワイトニングです

簡単にまとめると「今の状態から歯を白く綺麗な状態」にする事です

仕組み

ホワイトニングで歯が白くなる仕組みは色素を分解し、マスキング効果を発揮。これが歯が白くなる仕組みです

★色素を分解

ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素が歯の内部に浸透すると、色素と反応し、分解します。これにより、歯の黄ばみが漂白され、白くなります

★マスキング効果

エナメル質の構造を一時的にすりガラス状に変化させ、光を乱反射させて象牙質の色を見えないようにします。その結果、歯が白く見えるようになります

→もっと詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください(ホワイトニングとは

種類

実はホワイトニングにも種類が存在します

  1. オフィスホワイトニング
  2. ホームホワイトニング
  3. デュアルホワイトニング
  4. セルフホワイトニング

→詳しくはこちらの記事から参考にしてください(歯のホワイトニングとは?施術内容を詳しく紹介

最近、流行っている方法はセルフホワイトニングです。機器さえあれば、ご自宅でもホワイトニングができるようになりました

黄ばむ原因

歯が黄ばむ原因をご存じですか?

  • 加齢・生活習慣
  • 歯の成分が溶けるから

→一番の原因は加齢と生活習慣です。特に着色料は歯の白さを失う原因でもあります

加齢・生活習慣

毎日摂っている食べ物や飲み物、嗜好品の色素がエナメル質表面の膜と結びつき、ステインとなって歯に付着、蓄積します

  •  タバコ……タバコのヤニ(タール)が歯にこびりつき、歯の色が茶色くくすむ
  •  コーヒー、紅茶、ウーロン茶 ……コーヒーや紅茶に含まれるタンニン、カテキン
  •  赤ワイン、チョコレート、グレープジュース ……ワイン含まれるポリフェノールン
  •  カレー粉、醤油、ケチャップ、ソースなど ……調味料に含まれる着色料

→参考記事(歯の黄ばみの原因

歯の成分が溶ける

食事やおやつなどを摂ると、それらに含まれる糖を栄養にしてミュータンス菌が増殖し、酸を作り出して、カルシウムやリン酸など、歯のエナメル質にあるミネラル成分が溶け出ます

歯からミネラル成分が溶け出たままだと、歯の表面に出来るわずかな凹凸やエナメル質内部で光が乱反射してつやや輝きがなくなり、黄ばみを際立たせます

→参考記事(歯の黄ばみの原因

ホワイトニング メリット

ホワイトニングを行う事によってもたらすメリットは以下の通りです

  • 1回で歯を白くできる
  • 虫歯予防にも繋がる

→主なメリットはこの2つです。とにかく「歯を白くしたい」人にはホワイトニングが一番おススメできます。低コストで簡単に歯を白くできるから

おススメのホワイトニング機器

「WHITE CLUBハンディライト」自宅で5分でホワイトニングできるって本当??「自宅で週1回5分で歯が白くなる」疑うようなフレーズですか、実際にWHITE CLUBハンディライトではできてしまう事実。あなたも今すぐに試してみよう...

1回で歯を白くできる

自力で歯を白くする場合、かなり時間がかかります。歯ブラシを変えたり・30分程度、歯を磨いたりなど、負担が大きく効率的では正直ありません

ホワイトニングに関しては1回の施術で歯が白くなるので、効率的で低コストです。「歯を白くしたい」人はホワイトニングをおススメします

虫歯予防にも繋がる

意外と知られていないホワイトニングは「虫歯予防にも繋がる」。最近の研究で、ホワイトニングを行った歯は、ホワイトニングを行っていない歯に比べて、酸に対する抵抗性(耐酸性)が高まることが分かりました

歯を白くすればするほど、虫歯になりにくくなるということです。

ホワイトニング デメリット

ホワイトニングを行う事によってもたらすデメリットは以下の通りです

  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 個人差がある(白さの明るさ・濃度など)

全員が全員、まったく同じ白さになるとは限りません。個人差があり、場合によってはホワイトニングができない人もいます

定期的なメンテナンス

1回でかなり白くはなりますが、永久ではありません。半年経てば色が戻り始め、2年で元通りになります。永久的な白さであれば、セラミックなどを行いましょう

なので、歯の白さを保つのであれば定期的なメンテナンスが必要になります

個人差がある

その人の歯の状態で白くなりやすい・なりにくいが決まります。変色が抗生物質の場合はホワイトニングでも白くなりにくです

また、歯並びに関しても白くなりにくい場合があります


ホワイトニングで得られる効果

ホワイトニング未経験
ホワイトニング未経験
実際にホワイトニングで白くする事によって得られる効果はなんなの?
しょーや
しょーや
一番は自信が付きます(研究データから結果が出ている情報)

ホワイトニングで得られる一番の効果は自信です。歯が白い人には自信家がかなり多くて、毎日エネルギッシュになれます

また、「白い歯」「黄ばんでいる歯」でしたら、確実に好印象なのは「白い歯」の人です。さらに黄ばんでいる歯の人の方が、老けて見られる確率が高いです

ホワイトニングで得られる効果一覧

  • 若くみられる
  • 自信が付く
  • 好印象
  • 清潔感がある
  • 笑顔が輝いている

→ホワイトニングで得られる効果のまとめ記事(ホワイトニングした人は好印象だからモテる?白い歯の魅力とは

セルフホワイトニング

最近、流行りだしている「セルフホワイトニング」。自分のお自宅で簡単にいつでも行えるのでかなり反響があります

よくよく考えてみると、、、わざわざ病院まで通って、待機時間などを合わせて1時間~2時間かけるより、時間が空いた時にパッとできる方が楽で続けやすいと思います

なのでセルフホワイトニングが流行っている理由も分かりますし、これからもどんどん需要が上がっていく傾向にあります

器具1つさえ持てば、いつどんな時でも

自分でホワイトニングができる

どうせホワイトニングするならセルフホワイトニング!

WHITE CLUBハンディライト

 【WHITE CLUBハンディライト】

↓公式HPはこちら↓

WHITE CLUBハンディライト

  • 自宅で週1回5分のホワイトニング
  • 本格医療機器使用
  • 全国18店舗展開中

→雑誌「美人百花」にも掲載されるほどの実績・信頼があります

特に「WHITE CLUBハンディライト」の凄い所は、使用者がかなり多いという事です。SNSで検索すれば、かなりの使用者が存在します

もっと詳しく「WHITE CLUBハンディライト」について知りたい人はこちらの記事を✅

「WHITE CLUBハンディライト」自宅で5分でホワイトニングできるって本当??「自宅で週1回5分で歯が白くなる」疑うようなフレーズですか、実際にWHITE CLUBハンディライトではできてしまう事実。あなたも今すぐに試してみよう...

SUPER WHITE LV(スーパーホワイトLV)


↓公式HPはこちら↓

【デンタルラバー SUPER WHITE LV】

  1. 毎分20000回高周波振動
  2. 機器が奥歯まで28本しっかり届く
  3. スリムで超軽量(45グラム)
  4. フル充電で約20回使用可能

→他のホワイトニング機器より優れている部分は大きく分ければ、この4つです

もっと詳しくデジタルラバーSUPER WHITE LV(スーパーホワイトLV)について知りたい人はこちらの記事を✅

「デジタルラバー SUPER WHITE LV(スーパーホワイトLV)」ホワイトニング効果が一番あるって本当??ホワイトニング機器で「デンタルラバーSUPER WHITE LV」が人気でホワイトニング効果が一番??なぜこの1年でこれほどまで利用者が増えたのか?その理由は〇〇!!...

まとめ

ホワイトニングのメリット・デメリット。ホワイトニングをする事によって得られる効果など、ある程度分かりましたか??

でもホワイトニングを行う理由は「歯を白くしたいから」で充分だと思います。自信をつけたいから歯を白くする人はあまりいないと思うので、、

おススメは何回も言いますが「セルフホワイトニング」です。どう考えても効率的でデメリットがあまり見つからないからです

これを機に皆さんも歯を白くしましょう

ABOUT ME
しょーや
僕の肩書【ブロガー】【youtuber】【滋賀県情報発信者】。全ては僕の夢を叶えるためにやっています。滋賀県で湖の家を建てる事
滋賀県について
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。