お得感

ホワイトニングにかかる金額は?種類によって大きく変わる!

 

今回は「ホワイトニングの金額」についてブログを書いていきます

しょーや
しょーや
種類によって大きく変わります

この記事を読んで欲しい人

  1. これからホワイトニングを行う人
  2. どの種類のホワイトニングが安いか気になる人

→種類によっては10万円ほど変わる場合もあります


ホワイトニングとは?

歯科におけるホワイトニングとは審美歯科の一分野であり、広義の意味では歯を白くすること全般を指す。例えば歯のクリーニング (PMTC) から始まり、ブリーチング、マニキュア、ダイレクトボンディング、ラミネートベニヤ、セラミッククラウンまで、すべてをホワイトニングと称することができる。引用・Wikipedia

歯の着色有機質の二重結合部分を切断して低分子化することにより起こる「無色化」により、歯の明度を上げることにより白くする方法がホワイトニングです

簡単にまとめると「今の状態から歯を白く綺麗な状態」にする事です

仕組み

ホワイトニングで歯が白くなる仕組みは色素を分解し、マスキング効果を発揮。これが歯が白くなる仕組みです

★色素を分解

ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素が歯の内部に浸透すると、色素と反応し、分解します。これにより、歯の黄ばみが漂白され、白くなります

★マスキング効果

エナメル質の構造を一時的にすりガラス状に変化させ、光を乱反射させて象牙質の色を見えないようにします。その結果、歯が白く見えるようになります

→もっと詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください(ホワイトニングとは

種類

実はホワイトニングにも種類が存在します

  1. オフィスホワイトニング
  2. ホームホワイトニング
  3. デュアルホワイトニング
  4. セルフホワイトニング

→詳しくはこちらの記事から参考にしてください(歯のホワイトニングとは?施術内容を詳しく紹介

最近、流行っている方法はセルフホワイトニングです。器具さえあれば、ご自宅でもホワイトニングができるようになりました

ホワイトニングについてはこの記事を✅

ホワイトニングで得られる事って何?歯を白くするだけで〇〇〇!!ホワイトニングを行う事でどんな効果が得られると思いますか?実は皆さんが知らない〇〇〇が得られます!...

種類別金額

先ほどお伝えした通り、ホワイトニングにも4つの種類が存在します

  1. オフィスホワイトニング
  2. ホームホワイトニング
  3. デュアルホワイトニング
  4. セルフホワイトニング

→種類で金額も大きく変わります

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士に施してもらうホワイトニング施術を指す言葉です

過酸化水素とよばれる高い濃度の薬剤を使用し、効果を高めるために最後にLEDライトを照射します

1回につきおよそ1時間から2時間かかりますが、短期間で効果を得やすいというメリットがあります

一方で、料金が高額で、効果の持続期間が比較的短いというデメリットもあります 引用・ホワイトニングの値段は種類によって変わる!種類別に料金・費用の相場を紹介

金額 15000円~50000円
回数・日数 1~4回程度

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯科医院で自分の歯型のマウスピースを作製し、自宅でマウスピースに薬剤を入れて装着して行うホワイトニングです

1回にかかる時間はおよそ2時間程度で、毎日行う必要があります。やや濃度の低い薬剤を用いるためオフィスホワイトニングよりもすぐには効果を感じられないといったデメリットはあります

でも、だんだんと白さを実感していくことができ、自分の好みの白さになるまで続けられるため、自然な白さに仕上がるというメリットがあります 引用・ホワイトニングの値段は種類によって変わる!種類別に料金・費用の相場を紹介

金額 10000円~30000円
回数・日数 2週間以上

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて行うホワイトニングのことです

デュアルホワイトニングのメリットとしては、オフィスホワイトニングのみの場合やホームホワイトニングのみの場合より高い効果が得られる点があげられます

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせる施術です 引用・ホワイトニングの値段は種類によって変わる!種類別に料金・費用の相場を紹介

金額 60000円~80000円
回数・日数 2回~6回程度

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングは、専門のサロンでスタッフからレクチャーを受けながら自分で施術を行うことができるホワイトニング方法です

セルフホワイトニングの専門店には専門スタッフが常駐しており、セルフホワイトニングに使用する機器の使用方法をレクチャーしてくれます

セルフホワイトニングは漂白剤を使用せず、歯の汚れを落として歯を本来の色へと導いていくという方法で行うため、より健やかな本来の色に近い、自然な歯の色に仕上げることができるといったメリットがあります 引用・ホワイトニングの値段は種類によって変わる!種類別に料金・費用の相場を紹介

金額 5000円
回数・日数 5回~6回程度

おススメのセルフホワイトニング↓↓

★ホワイトニング効果絶大!★

「デジタルラバー SUPER WHITE LV(スーパーホワイトLV)」ホワイトニング効果が一番あるって本当??ホワイトニング機器で「デンタルラバーSUPER WHITE LV」が人気でホワイトニング効果が一番??なぜこの1年でこれほどまで利用者が増えたのか?その理由は〇〇!!...

★スキマ時間で行える★

「WHITE CLUBハンディライト」自宅で5分でホワイトニングできるって本当??「自宅で週1回5分で歯が白くなる」疑うようなフレーズですか、実際にWHITE CLUBハンディライトではできてしまう事実。あなたも今すぐに試してみよう...

金額が高い方が効果がある?

素人
素人
ホワイトニングは金額が高い方が効果がある??
しょーや
しょーや
正直、あまり変わりません

実際に、セルフホワイトニングが流行っている理由は「金額がリーズナブルで、自宅でホワイトニングができる」理由だからです

もし、効果がまったくなかったらここまでセルフホワイトニングは流行ってません。低コスパでハイクオリティーだからです

言い換えると金額が高いから、金額が低いホワイトニングより効果があるとも言い切れません。効果面は金額では左右されません

金額が安いからホワイトニング効果が低い事はありません

デュアルホワイトニングが一番効果大

先ほど「金額の差で効果はそれほど変わらない」と言いましたが、ホワイトニングの種類で比較した場合はデュアルホワイトニングが一番効果があります

目的が違う事で使う薬品などで金額が高くなります。ですが効果面では、やはりデュアルホワイトニングが一番と言っていいでしょう

セルフホワイトニング・サロン 歯を本来の白さに戻す
デュアルホワイトニング 歯を本来の白さ以上にする

漂白成分使用

デュアルホワイトニングを行う最大のメリットは、「過酸化水素」という漂白成分のある薬剤を使用することができることにあります

過酸化水素は歯についた色素にアプローチをする薬剤です。もちろんセルフホワイトニング・エステでは使用されていません

治療プランを組める

デュアルホワイトニングは歯医者さんがいますので、事前のカウンセリングにより、本人の歯に合った施術方法、照射時間、回数なども含めたプランを組み立ててもらうことができます

分からない事でも親身になって相談に乗ってくれます。この存在は実はかなり大きい存在で正しくホワイトニングが行えます

アフターケアが充実

デュアルホワイトニングは金額がかなり高く、なかなか簡単に手が出せない人が多いと思いますが、エステや脱毛と同じように、ホワイトニングもクーリングオフ対象となるよう国の消費者委員会が求めています

なので、これからはデュアルホワイトニングも身近なサービスとなる場合が高いです

まとめ

ホワイトニングの種類で金額も大きく変わってきますが、自分に合った方法で歯を白くしましょう。※サロンもおススメです

「歯を元の白さ以上にしたい」と思っている人はデュアルホワイトニングしか正直ないので、自分の懐事情と相談してデュアルホワイトニングを利用しましょう

僕はセルフホワイトニングをおススメします。一回試してみて感じる事もあると思うのでそこから他のホワイトニングの種類も視野に入れていけばいいと思います


ABOUT ME
しょーや
僕の肩書【ブロガー】【youtuber】【滋賀県情報発信者】。全ては僕の夢を叶えるためにやっています。滋賀県で湖の家を建てる事
滋賀県について
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。