思考

2020年の目標!この1年で人生必ず変えます

 

今回は「2020年の目標」についてブログを書いていきます

しょーや
しょーや
この1年で必ず人生変えます

今回、この記事を読んで欲しい人

  1. しょーやの行動が気になる人
  2. 1994年生まれの人(26歳の代)

滋賀県民の人は特に読んでほしいです

この記事を書いている人↓↓↓

しょーやの自己紹介 今回は「僕の自己紹介」についてブログを書いていきます その前に、各SNSのアカウント情報 instagram Twitte...

2020年の目標

2020年の目標は大きく分けて4つあります。以下の通りです

  1. 各SNSのフォロワーが1万人以上
  2. SNSだけで生活できる収入源を作る
  3. 滋賀県=しょーやを定着させる
  4. 人の上に立つ存在になる

→順番に説明していきます

しょーや
しょーや
それではどうぞ

各SNSのフォロワーが1万人以上

僕の事を知ってもらうためにはSNSしかないと、僕は考えています。なので有名なSNSはすべてやっています

↓以下が僕が持っているSNSアカウントになります↓

しょーや
しょーや
フォローおねがいします!!

この4つのアカウントのフォロワーが1万人以上が2020年の目標の1つになります

僕がブログを始めたきっかけも「有名人」になりたいから始めました。なのでSNSを通して僕の事を知ってもらうために頑張っていきたいと思います

僕がブログ始める理由をお伝えします こんにちは!しょーやと申します なぜか急に雑記ブログしようかな~と思い今日から始めていきたいと思います なぜブログを始めるのかそ...

SNSだけで生活できる収入源を作る

3年間、社会人を経験して分かった事があります。それは僕は社会不適合者でした

  1. 時間を縛られる
  2. 理不尽な事で怒られる
  3. 先輩の言うことは絶対

→など、社会のルールが僕には合わないと気づきました。あとは好きなように生きたいからです

しょーや
しょーや
自分の人生だから自分が好きなようにしたい

でも「働かない」ということは「お金がない」事になります。それをSNSで補います

実際にブログ・You Tubeは「稼げる」事実があります。ブロガー・YouTuberといわれる職業です

なので2020年の2つ目の目標としては、SNSで生活できる収入源を作る事です

「ブログで収益」!?仕組みを理解すればアナタも始める事、間違いない!「ブログで収益」!?仕組みを理解すればアナタも始める事、間違いない!知らないだけで知れば「こんな世界もあるんだ」と思います...

滋賀県=しょーやを定着させる

僕の夢は「滋賀県で湖の家を作る事」です。なので滋賀県民の人に僕の存在を知ってもらいたい

各SNSの発信内容も「滋賀県」についてです

  1. 滋賀県のオススメスポット
  2. 滋賀県で美味しいお店

→など、滋賀県を軸にして現在、活動しています

しょーや
しょーや
滋賀県民の目を僕に向けさせるためです

→2年後にオープンするつもりで、それまでに「滋賀県=しょーや」を定着させるつもです

→それでオープンしたタイミングでたくさんのお客さんに足を運んでもらいます

→そのためにSNSで活動しています(夢のための集客)

もちろん2020年の3つ目の目標が「滋賀県=しょーや」を定着させる事なので頑張ります

滋賀県で「湖の家」作ります。この想い届いて欲しい 今回は「滋賀県で湖の家」を作るという僕の夢・目標をブログに書いていきます とても簡単な事ではないのですがやりとげたいです。周り...

人の上に立つ存在になる

人の上に立つ存在になる人っていうのは、どこか人とは違う何かを感じます

正直、僕自身こんなことをたくさん言われていました

  1. できるわけない
  2. どうせ口だけ
  3. この年になってまだ夢とかあほちゃう

→など、否定的な事を言われていました

しょーや
しょーや
まぁ、どうでもいいんだけど

捉え方を変えたら「普通の人ができない事をやろうとしている」と捉えています

でも口にしないと行動に移せない

なので、成功した時に初めて人の上に立つ存在になったと言ってもいいと思います

2020年の4つ目の目標が人の上に立つ存在になる事です。必ず成功して見せます

 

 

2020年、掲げた4つの目標すべて達成します

その勢いで僕の夢である

「滋賀県に湖の家を作る」事も実現してみせます

 

 

ABOUT ME
しょーや
僕の肩書【ブロガー】【youtuber】【滋賀県情報発信者】。全ては僕の夢を叶えるためにやっています。滋賀県で湖の家を建てる事
滋賀県について
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。