滋賀県

八幡堀!滋賀県・近江八幡で観光名所と言ったらここ!

 

今回は「八幡堀」についてブログを書いていきます

しょーや
しょーや
歴史漂う場所です

この記事を読んで欲しい人

  1. 滋賀県内で歴史ある場所を探している人
  2. 滋賀県内の観光スポットを探している人

→船にも乗って周りの川をゆっくり回れます

★しょーやの各SNSアカウント一覧★

滋賀県についてはこの記事を見れば間違いない!!

「滋賀県」についてこの記事を見ればすべて分かります滋賀県についてはこの記事を見ればすべて分かります。滋賀県の事を知らないあなた!チェック必見です...

八幡堀について

八幡堀は、安土・桃山時代に豊臣秀次の八幡山城居城のもと、城下町が栄える原因となった町の一大動脈です。近江商人の発祥と発展、また町の繁栄に八幡堀は大きな役割を果たし、江戸時代後期には近江国において大津と並ぶ賑わいを見せたといいます。近年になって、観光名所として整備され、船着き場などが復元されました 引用・八幡堀

しょーや
しょーや
落ち着いた場所

八幡堀のここが凄い!

  • 近江八幡の観光名所
  • 船で川を回れる
  • 屋台や観光する場所がたくさんある

→ロケーションも最高で、ずっと居れる場所です

八幡堀の口コミ一覧

八幡堀の場所

近江八幡市宮内町周辺

八幡堀の特徴

八幡堀の特徴は以下の通りです↓

  1. 綺麗な八幡堀
  2. 時代劇の都
  3. 左義長まつり

綺麗な八幡堀

八幡堀(全長4,750m)は交通路や生活の場として長らくその役目を果たしてきました。「死に甲斐のあるまち」をまちづくりのコンセプトにした新たな運動を展開します。これは、働き甲斐のある場所や生き甲斐のある場所は数カ所あっても、どんな人間でも死ぬ場所はひとつしかなく、人が死を迎えるに当たりこの町で生涯を終えることに後悔しないような町と言う意味です。引用・八幡堀

時代劇の都

八幡堀は幅4~15mの堀が4,7kmも延び、特に日牟禮八幡宮前から西側は、今も岸辺に灯ろうが立つ石畳が続いています。付近には電線も無く、「お江戸の掘割」の雰囲気で、逢瀬や立ち回りシーンにはピッタリなのです。98年には「遠山の金さん」、「水戸黄門」など27本が撮られ、今も撮影班が現地に入り構想を巡らせでいる。「花のお江戸の釣りバカ日誌」では、西田敏行さんと三国連太郎さんが夜釣りをするシーンが撮れれています。引用・八幡堀

左義長まつり

近江八幡の左義長は元来、安土城下で行われていたもので、春の訪れを告げるお祭りで、城主であった織田信長自ら華美な衣装で躍り出たと伝えられています。
織田信長亡き後、八幡城下に移住してきた人々は、既に4月に行われていた八幡まつりに参加を申し入れましたが、松明の奉火場所が無く、また新参とのことで断られたため、これに対して、安土で行われていた左義長まつりを始めたことが起源とされているとも伝えられています。引用・八幡堀


八幡堀特集

八幡堀はこんな所です↓

しょーや
しょーや
歴史が漂ってますね

八幡堀には

  • 屋台
  • ロープウェイ
  • クラブハリエ

→食べ歩きもできますし、歴史を感じる事もできます

是非、行ってみてください


八幡堀関連情報

もし、この記事で分からない点がありました、今からご紹介する記事・YouTubeを参考にしてみてください↓↓

・記事

滋賀県観光情報

じゃらん

・YouTube


ABOUT ME
しょーや
僕の肩書【ブロガー】【youtuber】【滋賀県情報発信者】。全ては僕の夢を叶えるためにやっています。滋賀県で湖の家を建てる事
滋賀県について
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。